2005年08月20日

結婚の意味

結婚てなんなんだ?
と、思ったことのある人は多いんじゃないだろうか。
入籍したら、それが結婚。
じゃあ入籍は何かというと、ひとつの戸籍に一緒に入るというただそれだけのこと。
そんなの書類上のことでしょ。
よく「紙切れ一枚」なんて言うけど、本当にそうだと思う。

籍なんか入れなくても一緒にいることはできる。
わざわざ面倒な手続きを踏むそのメリットとはなにか。
子供がいるのなら、籍を入れている方がなにかと手続きがラクになるだろう。具体的なことは全然知らないけど。
それならみんなデキ婚でいいんじゃないの?
なんで子供もいないうちから結婚なんてする必要があるの?

ずっとそう思っていたあたしには、20歳を過ぎても結婚願望なんて微塵もわかなかった。
意味が理解できないのに、結婚なんてしたくない。結婚は子供が出来た時だと、ずっと心に決めていた。

あたしはこれまで、フリーターやらパラサイトやらニートやら、散々言われる立場をいろいろ経験してきた。
未婚ならただの無職でも、結婚していれば「主婦」っていう職業を語れる、というのが納得できなかった。
結婚してればニートもパラサイトも立派な「主婦」で、フリーターだと「家計を助けてます!」になるわけだ。
えー、既婚者ズルイ。
結婚したらこれすなわち勝ち組、という言い方も癪に障る。
とにかく世の中は未婚に冷たい

そんなこんなで、あたしはすっかり既婚者に対して反感を持つようになってしまった。

そんなあたしが、何をどう間違ったか結婚してしまった。
実際にしてみると、見えてくるものがあった。
けれど、いまだにあたしは「主婦」を名乗る事に抵抗がある。
結婚したからって家事が大変になったわけじゃない。
仕事して家のことして。そんなの結婚前からやってたもの。
「兼業主婦、大変だね。えらいね」なんて言ってくれる人がいるが、あたしの生活は結婚前後で何も変わっていないのだ。
紙切れにハンコをついただけで、どうして免罪符のように「主婦」っていう名称がついてくるんだろう…?

結婚によって何か変わったことはありますか。仕事の都合上通称として旧姓を使うあたしには、本当になにもありません。ご協力お願いします。
posted by 茜 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あたし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6072142
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。